別の記事では、実重量と容積重量について説明しました。

輸送運賃を算出する時には、実際の重量である『Actual Weight:アクチュアルウェイト』と容積重量である『Volume Weight:ボリュームウェイト』が比較されて、どちらか大きい方が請求されるべき重量と見做されます。

この請求可能な重量が『Chargeable Weight(チャージャブルウェイト)』と呼ばれる訳です。


「・・・でも、そうは言っても実際は何が何だか。」

この様な考え方がわかっていても、いきなり実務では戸惑う事が多くありますよね。

そこで今回は、練習の為に具体的な例で一緒に計算してみたいと思います。

CRW_1793
Attribution-ShareAlike License by tompagenet

(続きを読む…)

『容積重量』って聞いた事ありますか?

何故か『容積』と『重量』と言う違う単位がごっちゃになった不思議な単位です。

物流ではこの『容積重量』と言うのが実際の『実重量』 よりも重要視される場合があるのです・・・。

fig3-46
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License by newhousedesign

(続きを読む…)

EXWとは EX Works (イー・エックス・ワークス)の略で、インコタームズの貿易条件の一つです。
日本語では工場渡し と言われていますね。

輸出地の売主の工場や倉庫で貨物を引き渡すという条件です。
買主が売主の工場や倉庫まで貨物を引き取りに行くといった場合に使います。

危険負担は貨物を引渡しした時点で、売主から買主に移るのです。

Rochester Factory
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License by Ben Reierson

(続きを読む…)

『サーチャージ(Surcharge)』って、最近では旅行会社のCMでも出てきますよね。
サーチャージとは、簡単に言えば割増料金の事。

社会的情勢によって価格が大幅に上下するものは、基本料金とは別建てで、このサーチャージ制を利用して請求する事が多いのです。

軽く騙されている様な気もしてしまいますが、例えば原油だとか為替だとか、ジェットコースターの様に目まぐるしく変動する幅を吸収するのは確かに難しいでしょうから、むしろサーチャージ性は最も合理的なのかもしれません。

Corkscrew Roller Coaster
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License by Vlastula


貿易実務 見積もり書 あなたはちゃんと読めていますか?

貿易実務では、フォワーダー(乙仲)さんとのやり取りの中で海上運賃の独特な用語に出会うことが多くあります。
請求書やお見積もりをもらう際に、今までに目にしたことの無い用語がたくさんあり、戸惑っていませんか?
特に、経理で請求書の内容チェックをされる場合や、誰か人に説明しなければならない場面に遭遇した場合、かなり困っちゃいますよね。

今回は海上運賃で使用される用語の中から『BAF』や『CAF』をご説明しましょう。

海上運賃は基本的に、ベースレート(基本料金)に、BAF、CAFなどのサーチャージがプラスされて構成されています。
そのほかのサーチャージとしては、セキュリティー費用、運河航行(スエズやパナマ)する際の費用、貨物量が激増する季節に課せられるピーク・シーズン割増費用・・・などなどがあります。

見積もり書や請求書の記載表現も、会社によって変わります。
例えば、こんなパターンがありますね。

  • ①サーチャージをすべて一括にまとめて【海上運賃はオールインで350ドル】
  • ②サーチャージを別々に、【海上運賃はベースレートが300ドル、BAFが30ドル、CAFが20ドル】

①の一括まとめならば、難しいことは無いのですが、②のように別々に項目を設けられている場合のBAF、CAFは曲者です。

どんなチャージなのか説明しなくてはいけなくなってしまったときのために、要メモですよ!!!!

  • BAF(Bunker Adjustment Factor)訳:燃料費調整係数

燃料費の高騰があった場合に海上運賃に付けられる付加料金のことです。
航空便の場合は『Fuel Surcharge』といったほうが一般的ですね。
さらに航路によって異なる名称が使われることがあります。
出会ったことがない言葉でも、BAFと同意なので戸惑うことはありません!

【同意の名称をもつ用語】
BS (Bunker Surcharge)
EBS (Emergency Bunker Surcharge)
EFAF (Emergency Fuel Adjustment Factor)
FAF (Fuel Adjustment Factor)                   など




一般的には、コンテナ単位/トン単位 で価格が決められています。

  • CAF(Currency Adjustment Factor) 訳:通貨変動調整係数

海上運賃は基本的にUSドル建が多いので、近年の円高/ドル安傾向に対する船会社の損(為替差損益)を補うための割増料金をいいます。
こちらも航路によって異なる名称が使われることがあります。

【同意の名称をもつ用語】
CS (Currency Surcharge)
YAS (Yen Application Surcharge)                 など




一般的には、基本運賃(ベースレート)の何% で価格が決められています。

こういった略称にたくさん出会ってしまうのが貿易実務です。
すぐには身につきませんし、貿易初心者としては、勘弁してくれ!といいたくなってしまいますよね。

ワートレ!では、貿易実務に関する情報をわかりやすくお伝えしていきます。
今後もご期待ください。

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. EXW(Ex-Works) とは?
  3. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop