こんにちは。ワートレ!です。

貿易実務に携わっているあなたなら、さまざまな”世界貿易のルール”があることをご存知ですよね。

別の記事『“貿易自由化”ってそもそも何のことを言うの?』では、”貿易自由化”についてお話しさせてもらいました。

貿易の自由化を進めていくことはとても大切なんですが、自由化を進めるためにはまず、”世界のルール”を決めなくてはなりません。
今日は”貿易自由化”という言葉をポイントにして、WTO(ダブリューティオー) 世界貿易機関(World Trade Organization)について説明しようと思います。

まず事例を使い、関税のお話から入らせてもらいます。

この図のように、B国とC国から同じ価格/品質の時計をA国が輸入しようとした場合に、B国の時計にかかる関税が0%、C国の時計にかかる関税が40%だったとします。

e69982e8a888e8bcb8e585a5e4be8b-e382b5e382a4e382bae5a489e69bb41



B国の時計は関税がかかっている分、もともとの価格よりも高い値段でA国内で売られることになります。

A国の人たちは”同じ品質なんだから安いC国の時計を買おう”と言うに決まっていますね。

ということは、B国の時計はA国では売れません。

この例では、A国は貿易相手国であるB国とC国間で時計の輸入にかかる関税の差別を行っていることになります。

ここで世界のルールの登場です。

【貿易相手国間で輸入にかかる関税の差別を行ってはならない】というルールがあったらどうでしょうか。

かかる関税が同じになるため、B国の時計もC国の時計も同じようにA国で売ることができるようになるわけです。

貿易相手国の間で差別をなくすということは、貿易の自由化を行う上でとても大事なルールなんですね。

このように世界で自由にモノやサービスなどの貿易ができるようにするためのルールを決める場として重要なのが、WTO 世界貿易機関(World Trade Organization)なんです。

WTOは、1995年にスイス/ジュネーブで作られた国際機関で、現在153の国と地域が参加しています。
WTOの全身であるGATT**の時代から、下記のような交渉を行ってきているんですね。
  • 関税を引き下げる交渉
  • 非関税障壁=関税以外の方法で輸入制限などを行うこと
  • 知的財産権の保護=発明者たちの権利を守ること
などなど・・・

**GATT: 貿易に関する基本的なルールとして1948年に作られたもの。

日本語では”関税および貿易に関する一般協定”と言われます。

GATTの役割をより強化して引き継いだものがWTOであり、WTOでは世界で自由に貿易ができるようにするためのルール、貿易に関して起こったもめごとを解決すつためのシステムを作っています。

これからもワートレでは様々な情報をお届けしていきます。

どうぞご期待ください!

こんにちは。ワートレ!です。

突然ですが、”貿易自由化”というワードをご存知ですか?

あぁ、なんとなく、とか、聞いたことはあるなぁ、くらいでもやっとしているそこのあなた!

ワートレがわかりやすく”貿易自由化”について解説していきます。

e59bbde99a9befbc93


貿易実務に携わっていると、モノの輸出・輸入を行う際、関税がかかることがあるということは、

あなたならご存知ですよね?

そもそも、関税って何?というあなたにかなりざっくり簡単にご説明しますね。

e586861
【関税とは】・・・モノが国境を通過するときにかけられる税金のこと

*税金収入を得る目的でかけられるもの・・・財政関税

*国内の産業を守る目的でかけられるもの・・・保護関税

などなど・・・


この関税、これが高額の場合、輸入(輸出)したモノは元々の値段よりも高い値段で輸出(輸入)国で売られることになります。

値段が高いと、その国の中ではそのモノをたくさん買ってもらえない可能性があるので、貿易をする人は関税が高い国への輸出(輸入)を遠慮しよう、と考えるのが普通ですね。

関税をかけることによって、国内からの外国(国内)からの輸出(輸入)の量を抑えることができるわけです。

また、輸入(輸出)許可の基準や条件を厳しくすることでも同じ効果が期待できます。

税収や国内産業保護の面ではメリットはありますが、貿易を行う人からみたらどうでしょうか?

関税が高かったり、輸出入の基準が厳しかったりすると、大きな障害となります。

また世界の貿易の流れを止めてしまうことにもなるわけですね。

”貿易自由化”とは、その障害となるものを少なくしたり、なくしたりすることを指します!

貿易自由化行うことで、輸出入の流れがスムースになり、自国の製品を他国にたくさん売ることが可能になったり、

他国からたくさんの製品が自国に入ってくるようになり、安くて良い製品などを手にすることができるようになるわけです。

簡単に”貿易自由化”についてお話しさせてもらいましたが、”貿易自由化”を進めるにあたって重要な機関(WTO)や、

様々な協定(FTA やEPA)がありますが、そちらについてはまた改めてお話することにします。

これからもワートレでは様々な情報をお届けしていきます。

どうぞご期待ください!

オーバーハイ、オーバーワイド

Void (ボイド) (船) (海上輸送)
前回のブログではスチール梱包についてまとめてみました。
スチ-ル梱包とは輸出梱包いわゆる大事な貨物、破損してはならない貨物をさまざまな外的要因から保護する梱包方法のひとつとしてご案内しております。

今回はそのスチール梱包記事でほんの少しふれたボイドについて語ります。

ボイドの定義をwikipediaでは

ボイド(void)
物体に含まれる微小な空洞。気孔を参照。
宇宙の大規模構造において、銀河がほとんど存在しない領域のこと。超空洞を参照。
プログラミング言語のC言語では、関数の引数もしくは戻り値がないことを示す予約語である。
また、voidへのポインタとして使用される場合には、型が決まっていないことを示す。
原子炉の炉心において発生する冷却材の蒸気の泡(気泡)をボイドと称する。気泡の発生は冷却材の密度を低下させるため、ボイドの多寡によって原子炉の反応度が変化する。
これをボイド効果(Void Effect)と呼ぶ。三浦建太郎の漫画『ベルセルク』に登場する守護天使ゴッドハンドの一人。
「天使長」とも呼ばれる。建築的都市において、意識的に創りだされた構造物の存在しない空間のこと。
イギリスBBCで放映されているSFテレビドラマシリーズドクター・フーにおける、世界と世界の間にある無の空間のこと。

などと紹介しています。
一般辞書的には ”からの” ”すきま” というような意味のようです。

さてさて本題です。海上輸送には手段としてコンテナ船という船舶があります。
以前海上コンテナについてはお話ししました。コチラ

読んで字のごとく貨物をコンテナという箱に詰め込んでそのコンテナを船に搭載し各国に輸送します。その昔は(約60年前)在来船が主流でした。在来船っていかにも古めかしい言い方!ですよねえ。

(続きを読む…)

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. EXW(Ex-Works) とは?
  3. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop