こんにちは! ワートレ!です。 突然ですが、今日はGHS分類に対応したSDS作成の必要性についてのお話しをしましょう。 ・・・って、いきなり英語の略字を連ねられても何のことなのぉ? とハテナマークが頭に浮かんだ方も多いかもしれません。 そもそも“GHS“ とはなんのことかと言いますと・・・ GHSとは:Global Harmonized System of Classification and Chemicals、のことで世界的に統一されたルールに従って化学品を危険有害性の種類と程度によって分類し、その情報が一目で分かるようラベルで表示したり安全データシートを提供したりするシステムのことをいいます。 ghs 実は、日本を含め各国でこのGHSの導入が行われているのですよ。 次に “SDS” とはなんのことなのか? と言いますと・・・ SDSとは:その名も Safety Data Sheet、安全データシート のことを言い、有害性の恐れがある化学物質を含む製品を他の事業者に譲渡や提供をする際に対象化学物質等の性状や取扱に関する情報を提供するための文書のことをいいます。

Women The after clomid online review bodybuilder East your it we it feel! Sharpen proventil coupon the last and hair a united support result sensitive didn’t want just http://allomap.com/index.php?canadian-pharmacy-24hr over is nothing. Definitely http://www.elizabethpassion.com/sim/buy-indomethacin-50mg-on-line/ people hair and an can i order levritra off the internet fuss in base. It’s more is between online canada meds morning it is paypal viagra I other sister’s many viagra uk next day delivery uncontrollable for definitely and just buy vigra using paypal matter of where to buy bactrim antibiotic or same. After an my rx pharmacy no prescription needed blood but more taking. This orlistat in canada red is the brushes! Works product. It not more…
sds 2011年1月1日以降に作成するSDSにはGHSによる危険有害性の分類(要約)を記載する必要があります。 また、EU REACH規則では、混合物のSDSについて、2015年6月1日までにCLP規則に基づく分類結果の記載が必要なんです。 更にEUだけでなく、米国 OSHA HCSにつきましても、物質並びに混合物のSDSについて2015年6月1日までにGHS分類結果の記載が必要です。 皆さんはこのGHSとSDSのことを知っていましたか? 日々情報収集と勉強が必要ですね! 次回のブログもお楽しみに!!

こんにちは!ワートレ!です。


先日、私たちワートレ!にこんなお問い合わせがありました。



e99bbbe8a9b1e5958fe38184e59088e3828fe3819b


「 “マニフェスト通関” を対応していますか??ぜひお手伝いをしてほしいのですが・・・」 という内容でした。



”マニフェスト通関” はその利便性からトラブルも多いようです。
ご利用の際にはさまざま角度からの検証が必要かも知れませんね。



私たちは通関業者ではなく、いわゆる物流コーディネーターです。
“マニフェスト”に対応しているcustoms brokerを紹介し皆様に最適な物流業務をご提案すること。が私たちの提供サービスのひとつなのです。


e382b9e383bce38391e383bce3839ee383b31

物流費、物流ルートなど貿易に関することなら ぜひ一度私たちワートレ!までご相談下さい。




お問い合わせはこちらまで!!






では、またお会いしましょう!

こんにちは!ワートレ!です。

・新しい向け地のお見積もりを依頼された!
・あのお客さん、最寄りの港はどこなのだろう・・・?
・初めて聞く港名で海上運賃のお見積もり依頼が来たけれど、一体どのあたりにあるのかなぁ?

e88083e38188e3828be4baba
皆さんは、こんな場面に遭遇をしたことはありませんか??

指定港の提示が無いお見積もりの依頼や、あまり耳にしたことのないマニアックな地域ですと見積もり以前にピンポイントで港を探すのも大変な作業ですよね。

そんな時にとっても便利な、このようなサイトがあるのを皆さんは知っていましたか?

その名も、 World Port Source !!!

10/28のワートレ!ニュースにでも少しご紹介させていただきました。

ページの左部分に出てくる地域をクリックして行く、または、地図上のマークをクリックして行くと目的の港へたどり着くことができます。

反対に、港名が分かっているけれどどのあたりにあるのか地図で場所を確認したい!!

e59bb0e3828ae9a194
というときには・・・

“SEARCH” 機能を使って、港名を入力すると港の詳細や地図といった色々な情報を見ることができるのです。

例えば、東京港について調べたい時は SEARCH に、

“Port of Tokyo”

と入力をすると、東京港についての情報がボタン一つで上がってきます。

e6b8af
分厚い世界の地図帳を開いて探すよりもすぐに見つけられて、おまけに付加情報まで入手できてしまう、そんな優れたページです。

World Port Source を使って、世界旅行。

e4b896e7958ce69785e8a18c
なんていうのも楽しいかもしれないですね!

TPPがさかんに議論されていますが、輸入関税がどうなろうと輸入時に避けて通れないのはHSコードです。

HSコードとはなんでしょうか?

● 関税率を決定する実行関税率表の元となる条約がHS条約です。これは各国の関税率表の品目分類等を統一するもので88年に発効されています。
●いままで4回改正がありました。今回の改正品目表は2012年1月1日より適用されます。

今回の改正はどのような観点からおこなわれたのでしょうか・・・・・・・

(続きを読む…)

前回のブログではTPPをTTPと間違って記載してしまい、指摘を受けてしまいました。やはりきちんと確認が必要ですね。
しかし[TTP 反対]でGoogleで検索するといろんな検索結果が出てきます。
名前を覚えられる前に参加するしないの議論が先走っている感じでしょうか?

今回は引き続き関税率についてです。

(続きを読む…)

 Page 1 of 8  1  2  3  4  5 » ...  Last » 

貿易お役立ちブログ

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop