TPP議論の前に現在のおおよその関税率を知ろう!(1)

by admin

APECを前に参加する・しないで議論されている環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定TPPでは特に農産物について非常に抵抗しているようですね。しかし本当の目的は医療や放送、保険などの市場開放にあるようとも言われています。米韓TPPの合意を読むと「こりゃいかん!」というような取り決めもあり、21世紀版の日米修好通商条約じゃないかとも一部では言われております。 今回はTTPの参加反対を掲げる前に、いま輸入品に関税がいくらかかっているのでまとめました。


以下は実行関税率表から抜粋したものです。以下の税率はWTO加盟国から輸入される場合の「協定税率」です。 ※ただし、食品は輸入割当制度など様々暫定税率で輸入されることもあるので全ての輸入品が以下の税率にはなりません。 まずは肉から 牛肉
  • 冷蔵     50%
  • 冷凍     50%
  • くず肉     12.8%
  • 塩蔵、完成燻製    8.5%
  • 調整品     21.3%
  • 牛舌 12.8%
豚肉
  • 361円/kg
羊、やぎの肉
  • 無税
今でもイオンや西友等の量販店の外国産肉は国産より安いもの多いですよね。もし関税なしで輸入出来たらいったいいくらになるんでしょう。 続いて鶏肉
  • 鶏肉 11.9%
  • 骨付き 8.5%
  • シチメンチョウ 3%
お魚
  • 魚  3.5%
  • にしん 8.4%
  • かに 4%
  • えび 4%
魚は他に比べれば低いですね。 乳製品
  • ミルク 25%~35%
  • バター 25%~35%
  • ヨーグルト 25%~35%
  • チーズ 29.8%
  • はちみつ 25.5%
乳製品も高いですね。

今回はここまで。 このように特定の食品には高い税率がかけられています。これがTPPに参加することで税率が下がれば、一般消費者には大きなメリットがあるのではないでしょうか。また、参加すると輸出も広がる、という考え方もあります。しかし、今年の3月11日以降、海外からの日本食品の見方は変化しているのではないでしょうか?寧ろ輸入品の方が安全という話すらあります。

次回は穀物(麦、米)野菜についてまとめてみます。

キーワード:

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop