コンテナ位置管理システムの通信手段にWiMAXを採用 JR貨物

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

日本貨物鉄道(以下JR貨物)が運営する、コンテナ位置管理システムの通信手段としてWiMAXが採用されたそうです。
貨物駅におけるフォークリストに搭載したGPSやIDタグ(無線ICタグ)等を組み合わせて、コンテナの位置を数十センチメートルの精度でリアルタイムに把握をし、荷役時間の短縮と輸送の正確性を高めるのが目的とのこと。
現時点でこのWiMAXが活用されているのは、貨物駅におけるコンテナの位置情報を把握してフォークリフトドライバーに荷役指示を伝達したり、フォークリフトのドライバーが指示どおりの荷役を実施したことを伝える伝達するシーンで発揮されています。4月1日の時点で、既に全国112拠点にWiMAXを導入しており、JR貨物が行う荷役作業の効率化やネットワークの保守費用削減に貢献できているそうです。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop