トラックドライバー不足でプロジェクト発足 全国物流ネットワーク協会

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

全国物流ネットワーク協会は6月12日に、将来のドライバー不足に対応する研究会「10年先の幹線運行を考えるプロジェクト」を立ち上げたことを発表しました。このプロジェクトは、今後予想されるドライバー不足に備え、戦略的アライアンスに関する特積み業界の考え方の調査研究を目的にしているそうです。現在のメンバーはヤマト運輸、西濃運輸、トナミ運輸、札幌運輸、名鉄運輸、中越運輸、第一貨物、カンダコーポレーションの8社で、プロジェクト活動期間は数年を予定しており、毎月定例の会議を開催して議論を深めていくそうです。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop