上半期コンテナ貨物前年比103.4% 日本貨物鉄道

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

日本貨物鉄道によりますと、今年上半期は大型台風8号の上陸とそれに伴う中央西線の普通、台風11号の上陸の影響を強く受けました。コンテナ貨物は、北海道産野菜の好調な出荷が寄与した農産品・青果物、消費税増税後も堅調な出荷となった紙・パルプが前年を大きく上回りました。菓子や清涼飲料水が好調だった食料工業品や、一部荷主の輸送へのシフトが進展した積合わせ貨物等も増送となったそうです。一方で、自動車部品が海外及び現地調達化の拡大によって減送となり、エコ関連物資も災害廃棄物輸送の終了に伴い前年を下回りました。結果、全体では前年比103.4%となったそうです。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop