中南米マーケット アジア発中南米路線健全に成長 日本発路線も競争激化

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

世界的に航空貨物需要が低迷している昨今、ブラジル、メキシコをはじめとした中南米マーケットが注目を集めています。

世界経済の鈍化、欧州経済の落ち込みで欧米の需要が小さくなる一方、中南米市場はその影響を大きく受けず、一定の需要を確保しています。

中国や韓国などアジア発中南米向け貨物も盛り上がりを見せており、「伸びる見込みのあるマーケット」との認識から、貨物確保をめぐり競合が始まっています。

日本発でも中南米向け路線の貨物取り込みの競争は激化していますが、期待ほどの貨物量とはなっていない現状があります…。

今後の物量の伸びと、サービスの充実に期待をふくらませたいですね!

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop