日新社 UHF帯 RFIDをリターナブルコンテナ管理に活用

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

マーストーケンソリューション社(東京都新宿区)は、同社が開発したUHF帯ICタグの「大型リターナブルコンテナ管理システム」を国際物流業者の日新(横浜市中区)に導入し、ウェブサイト上で事例を公開しました。日新社は、輸送用コンテナを折りたたみ式に替え、繰り返し使える「リターナブルコンテナ」として、環境への配慮と輸送コストの削減を目指しました。出荷から回収まで徹底したコンテナの所在管理を目的としたもので、UHF帯ICタグを採用し、課題解決に結び付けました。日新社ではこれまで、商品を段ボールに入れパレットに積載し、目的地まで輸送していましたが、段ボールはワンウェイで利用されるケースが多く、配送後も廃棄されるのが一般的で、パレット回収のための輸送コストがかさんでおり、また、行方不明となったパレットの補充も大きなコスト負担となり、頭を抱える課題となっていました。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop