補助制度が成長後押しコンテナ貨物取扱量好調 四日市港

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

リーマン・ショック後の日本全体コンテナ取扱量が伸び悩んでいるものの、四日市港の外貿コンテナ取扱量は2009年に一時下落をしたもののその後増加基調を維持し続けているようです。昨年は、速報値ベースで前年比6.0%増の19万3533TEUと過去最高の記録を更新しました。四日市では08年以来荷主企業を誘致するためのインセンティブ・プログラムの「グリーン物流促進補助制度」に一貫して取り組んでおり、この制度の定着や官民で続けてきた船社、荷主への誘致活動がこれらの成果へと繋がっているようです。また、四日市では港勢の拡大に加えて、港湾運営会社の設立にも取り組んでいます。今後の更なる活躍に注目です。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop