韓国大手、既存ルートを延伸 秋田―上海間に新コンテナ航路開設

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

韓国大手の海運会社、シーケーライン(ソウル)は6日、秋田港と中国・上海港を結ぶコンテナ航路を同様のシノコーマーチャントマリン(同)と共同で開設すると明らかにしました。上海への定期コンテナ船は、東日本大震災により太平洋側の代替ルートとして開設された2011年3月~8月以来3年ぶりとなります。新航路は、秋田港から苫小牧、韓国・蔚山(ウルサン)、釜山を経由して、中国・寧波、上海へ向かうルートで、上海からは釜山経由で新潟港に寄港し秋田港に入ります。週一便体制で、秋田港への寄港は毎週水曜日。上海への輸出にかかる日数は8日間、上海からの輸入は7日間を見込みます。初寄港は今月29日の予定です。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop