31フィートウィングコンテナ増備発表 14年1月より使用開始 JR貨物

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  印刷向けレイアウトを表示 印刷向けレイアウトを表示
by admin

JR貨物は2014年1月中旬より31フィートウィングコンテナ増備使用を開始しました。
今回増備されたのは31フィートウィングコンテナの48A形です。荷重は13.8トン、容積は48立方メートルで、大型トラックと同等の容積を積載重量の企画を持ちます。JR貨物は2012年度に初めて31フィートウィングコンテナを25個製造しましたが、新規利用者の獲得を目的として今回引き続き増備したようです。荷主の輸送単位や荷役作業を変更することなく、トラックから鉄道への転換(モーダルシフト)が簡単に行えることから、荷主などが所有する私有コンテナとして普及が進んでいるようです。また、この31フィートウィングコンテナ導入により、低炭素社会創出協会による二酸化炭素(CO2)排出抑制対策事業費用の補助金に採択されており、JR貨物が交付申請を行っています。

この投稿にキーワードはありません。

この記事に関連する他のページも是非お読みください

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop