こんにちは。ワートレ!です。

別の記事『海上コンテナの種類について』では、コンテナ船の歴史から海上コンテナの種類についてお話しさせてもらいましたね。

コンテナには様々種類があるのですが、あなたはどんな種類のコンテナが1番多く使用されているか知っていますか?

温度調節などが要らない一般貨物の輸送を目的としており、最も一般的なコンテナです・・・。
使用率はなんと!海上輸送される全貨物の約85%に使用されています。

もうわかりましたでしょうか?

・・・・・・正解は、『ドライ・コンテナ』です。

(続きを読む…)

こんにちは。ワートレです!

コンテナ化が始まった当時、『コンテナは既製服である』などと言われたことがありました。

あらかじめ定められたサイズの服(コンテナ)に、多少窮屈であったとしても身体(貨物)を押し込めなければならないといった状況だったんですね。
中には明らかに服(コンテナ)に入らない身体(貨物)もたくさんあったわけです。

例えば、コンテナの最大積載荷重を超えている貨物や、長すぎて1本のコンテナに入りきらない貨物ですね。
これらは在来船に積まれていました。
ですが、ほとんどの航路がコンテナ化された現在では、貨物の形状、性質、用途に合わせて様々な種類の特殊コンテナが開発されるようになりました。

重量物、長尺貨物、冷凍/冷蔵貨物なども、コンテナ輸送が可能になったわけです。

今回はその特殊コンテナの一つ、フラット・ラック・コンテナ(Flat Rack Container)についての解説です。
(続きを読む…)

現在、国際貿易における海上輸送は、コンテナで運ぶのが一般的ですよね。

今や定着しきっている海上コンテナ輸送ですが、歴史は意外に浅く、ほんの50年ほど前に始まったものだということをご存知でしたか?

コンテナ船が開発される以前の海上輸送は『在来船』が主役でした。

在来船とは船自体が貨物室といったイメージです。
例えば、『コンテナ船』は同じ形状のコンテナだけを輸送しますが、それに対して『在来船』は様々な形状・重量の貨物を輸送出来ると言う特長があります。

(続きを読む…)

別の記事では、実重量と容積重量について説明しました。

輸送運賃を算出する時には、実際の重量である『Actual Weight:アクチュアルウェイト』と容積重量である『Volume Weight:ボリュームウェイト』が比較されて、どちらか大きい方が請求されるべき重量と見做されます。

この請求可能な重量が『Chargeable Weight(チャージャブルウェイト)』と呼ばれる訳です。


「・・・でも、そうは言っても実際は何が何だか。」

この様な考え方がわかっていても、いきなり実務では戸惑う事が多くありますよね。

そこで今回は、練習の為に具体的な例で一緒に計算してみたいと思います。

CRW_1793
Attribution-ShareAlike License by tompagenet

(続きを読む…)

 Page 1 of 2  1  2 »

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop