今日は「輸出梱包」についてまとめてみましょう!!

輸出梱包の材料というと皆さん何を想像しますか??

kibako

やはり木材の梱包でしょうか???
















今、木材梱包に代って多く用いられているのがスチール梱包なのです。
(続きを読む…)

現在、国際貿易における海上輸送は、コンテナで運ぶのが一般的ですよね。

今や定着しきっている海上コンテナ輸送ですが、歴史は意外に浅く、ほんの50年ほど前に始まったものだということをご存知でしたか?

コンテナ船が開発される以前の海上輸送は『在来船』が主役でした。

在来船とは船自体が貨物室といったイメージです。
例えば、『コンテナ船』は同じ形状のコンテナだけを輸送しますが、それに対して『在来船』は様々な形状・重量の貨物を輸送出来ると言う特長があります。

(続きを読む…)

唐突ですが、貿易でこんな頼まれ事をされた事はありませんか?

「緊急の書類なんで、クーリエで送ってくれない?」

「少量のサンプル品だから、クーリエでうちのオフィスまで届けてくれないかな?」

クーリエって何だ?と思ったそこのあなた!
今回はその『クーリエサービス』について解説していこうと思います。


Courier
Attribution-NonCommercial-NoDerivs License by Karsoe

(続きを読む…)

別の記事『とんでもないトン言う単位』でも、質量の単位である『トン』について歴史からお話させてもらいました。

3種類のトン、『ヤード・ポンド法の英トンと米トン』、あなたが日常で使っている『メートル法の仏トン』がありましたね。

実はトンは重さだけではなく、大きさを表す単位でもあるのです!

・・・では、突然ですがここで問題をひとつ。

  • Q. ここに水が1仏トンあるとします。このときの水の容積はいくつでしょうか?
  • Zen Water
    Attribution License by darkpatator



こ、これは・・・。
小学校で習った事ではありますが、唐突に聞かれると意外と困った人も多いのではないでしょうか。
すんなり算数の定義が出てくれば問題ないのですけど、結構忘れているものですよね。

  • A. 定義のとおりで、水ならば1仏トン=1,000kg=1,000リットル=1立法メートル(㎥) です!


海運業界では水1仏トンから換算した容積、1仏トン=1立方メートルを基準として、預かった貨物の重量と容積をそれぞれ、計り大きい方を『レベニュートン』として費用を計算します。
(レベニュートンに関してはこちらの記事『レベニュートン (Revenue Ton)とは?』をご覧下さい)


日本ではあまりなじみ無い『英トン』ですが、船の世界では『英トン』の方が断然メジャーなのです!
そしてこの『英トン』にも、『仏トン』と同じ様に容積へ換算したトンがあるのです。

『英トン』の由来はタルの音から来ているという話をさせてもらいましたが、当時タルを置いたときのスペースを占める容積は40立方フィートとされていました。

1フィート=0.3048メートルなので、『1英トン=40立方フィート=1.13267立方メートル』となるのです。

これは『載貨(さいか)容積トン』といわれており、今でも一般的に貨物船やタンカーで船内の貨物倉の大きさを表す単位として使用されています。

でも、船舶には貨物だけでなく、人間を運ぶ客船もありますよね。

実は客船の客室には『客室1室=1英トン=100立方フィート=2.831684立方メートル』という別のトン単位があり、これは客船の設計や、大きさを示すために使われるようになっていきます。

この客室のために設定された1英トンは『総トン』と呼ばれており、船舶の大きさを示すための、国際的な単位として使われているのです。


客船のために100立方フィートを基準として、なぜ英1トンが再設定されたの?って思いませんか?

もともとの基準では、貨物倉にタルが入るスペースを基準にしていました。
しかし当たり前ですが貨物と人間は異なるので、『一樽→一人』へと換算する新たな単位設定が必要となったのです。

では人間向けに換算された、この『100立方フィート』ってどのくらいの大きさなのでしょうか?

凡その目安として言えば、カプセルホテルの1室が『100立方フィート』に相当します。
人間が眠るときに使う必要最小限のスペース(容積)が基準とされた様ですね。


ちょっと不思議な感じがしますが、船舶の世界で大きさを表す時に、通常では重さを表す『トン』がこの様に使用されているのです。

・・・実は更にトン数にはまだまだ種類がたくさんありますので、キチンと確認しないと「どんな重さか?」や「どんな大きさか?」かと言うのがゴッチャになってしまうので注意しましょう!

日本での日常生活では『トン』と言うと普通は『仏トン』になるのですが、『船の世界では英トンが基準』となっているんですね。
しかも『載貨容積トン』や『総トン』があるなんて、本当に紛らわし過ぎますよね・・・。

別の記事では、実重量と容積重量について説明しました。

輸送運賃を算出する時には、実際の重量である『Actual Weight:アクチュアルウェイト』と容積重量である『Volume Weight:ボリュームウェイト』が比較されて、どちらか大きい方が請求されるべき重量と見做されます。

この請求可能な重量が『Chargeable Weight(チャージャブルウェイト)』と呼ばれる訳です。


「・・・でも、そうは言っても実際は何が何だか。」

この様な考え方がわかっていても、いきなり実務では戸惑う事が多くありますよね。

そこで今回は、練習の為に具体的な例で一緒に計算してみたいと思います。

CRW_1793
Attribution-ShareAlike License by tompagenet

(続きを読む…)

 Page 1 of 2  1  2 »

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • 海外運賃比較サービス

back-to-pagetop