京浜港コンテナ貨物補助制度を継続実施

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  
by admin

京浜港(東京港、川崎港、横浜港)は、国際コンテナ戦略港湾として、「釜山港等に対峙する国際拠点港湾」「航路特性を活かした国際ハブポート」という目標の達成に向け、平成23年12月から京浜港への貨物集荷を目的とした補助制度を実施してきました。

平成25年度においても引き続き、コンテナ貨物取扱量の増加と基幹航路の維持・拡大により、京浜港の国際競争力をより一層強化するため、補助制度を継続し、より戦略的な貨物集荷を行っていく方針です。

*補助対象貨物:
釜山港や国内他港の利用から京浜港へ利用転換した輸出入コンテナ等

*補助対象事業者(補助申請者):
「外航船社」等

*補助金額:
対象貨物に対し、1FEU(40フィートコンテナ)あたり5,000円を標準として補助

*補助制度の詳細:
三港それぞれの具体的な制度内容等については、各港においてそれぞれ発表

このような制度は、今後の京浜港の国際競争力の高まりへの期待が持てますね。

back-to-pagetop