コンテナ内部段積み可能にする海上輸送実施 郵船ロジスティクス

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  
by admin

郵船ロジスティクスは4月25日、海上コンテナ内に専用のデッキを取り付けることで段積みを可能にする積載技術を導入し、安全性確認のためのトライアル輸送を実施しました。専用デッキは日本郵船と同グループ会社のMTIが共同で開発。コンテナの内部に設置し、内部スペースを上下2つに分けることで従来のコンテナと比べ最大2倍の積載効率を見込んでいるそうです。この専用デッキを使用することにより、積載効率の向上の他に輸送費、CO2の削減が期待できます。トライアル輸送のコンテナは東京から出港し、マレーシア・ペナン港到着時には専用デッキの安全性の検証が完了したことから、今後は商品化に向けて開発を進めていくそうです。

back-to-pagetop