韓国大手、既存ルートを延伸 秋田―上海間に新コンテナ航路開設

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  
by admin

韓国大手の海運会社、シーケーライン(ソウル)は6日、秋田港と中国・上海港を結ぶコンテナ航路を同様のシノコーマーチャントマリン(同)と共同で開設すると明らかにしました。上海への定期コンテナ船は、東日本大震災により太平洋側の代替ルートとして開設された2011年3月~8月以来3年ぶりとなります。新航路は、秋田港から苫小牧、韓国・蔚山(ウルサン)、釜山を経由して、中国・寧波、上海へ向かうルートで、上海からは釜山経由で新潟港に寄港し秋田港に入ります。週一便体制で、秋田港への寄港は毎週水曜日。上海への輸出にかかる日数は8日間、上海からの輸入は7日間を見込みます。初寄港は今月29日の予定です。

back-to-pagetop