ドライバー不足で管理職が数年ぶりに大型乗務

カテゴリ:
ニュース!
キーワード:
  
by admin

大阪府和泉市の運送会社は先月、荷主企業から十数台の大型トラックの傭車を求められましたが、車両はあってもドライバーが不足していることから、当日は社長をはじめ、常務や役員がトラックへ乗り込み、荷主が希望する日に配送を行ったそうです。同社社長は過去にトレーラや大型に何度か乗務していたそうですが、管理職の乗務や役員、大型免許を取得しているすべての人員を大型に乗務させたのは数年ぶりのこととなったそうです。今後も大型ドライバーの不足が続くようであれば、いくら直接取引のある荷主とはいえ、管理職までもトラックに乗務させるのは厳しい語っているそうです。

back-to-pagetop