海上コンテナの ボイドとは? 

カテゴリ:
実務の知識物流の知識貿易知識
キーワード:
, , ,
  
by admin

オーバーハイ、オーバーワイド

Void (ボイド) (船) (海上輸送)
前回のブログではスチール梱包についてまとめてみました。
スチ-ル梱包とは輸出梱包いわゆる大事な貨物、破損してはならない貨物をさまざまな外的要因から保護する梱包方法のひとつとしてご案内しております。

今回はそのスチール梱包記事でほんの少しふれたボイドについて語ります。

ボイドの定義をwikipediaでは

ボイド(void)
物体に含まれる微小な空洞。気孔を参照。
宇宙の大規模構造において、銀河がほとんど存在しない領域のこと。超空洞を参照。
プログラミング言語のC言語では、関数の引数もしくは戻り値がないことを示す予約語である。
また、voidへのポインタとして使用される場合には、型が決まっていないことを示す。
原子炉の炉心において発生する冷却材の蒸気の泡(気泡)をボイドと称する。気泡の発生は冷却材の密度を低下させるため、ボイドの多寡によって原子炉の反応度が変化する。
これをボイド効果(Void Effect)と呼ぶ。三浦建太郎の漫画『ベルセルク』に登場する守護天使ゴッドハンドの一人。
「天使長」とも呼ばれる。建築的都市において、意識的に創りだされた構造物の存在しない空間のこと。
イギリスBBCで放映されているSFテレビドラマシリーズドクター・フーにおける、世界と世界の間にある無の空間のこと。

などと紹介しています。
一般辞書的には ”からの” ”すきま” というような意味のようです。

さてさて本題です。海上輸送には手段としてコンテナ船という船舶があります。
以前海上コンテナについてはお話ししました。コチラ

読んで字のごとく貨物をコンテナという箱に詰め込んでそのコンテナを船に搭載し各国に輸送します。その昔は(約60年前)在来船が主流でした。在来船っていかにも古めかしい言い方!ですよねえ。

当時はこんな感じでの荷役が主流でした。

いわゆる船そのものが貨物室になっていて(艀船のイメージ)ある意味貨物の大きさに制限なく搭載できるんですよ。これは麦や米等を運ぶ在来船の船内作業の様子ですね。船内に入り込んで作業していますね。



もちろんその船よりおおきい貨物はだめですけどね。船は海上をどんぶらこなんで想定外のローリングやピッチング
(ローリング←ストーンズじゃないですよお、ピッチング←投手じゃないですよお)に遭遇することがあります。時にはこんな感じで今t寝なが横倒しになってしまうことも。(どうやって直すんでしょうか??)

在来船は船そのものが貨物室なのでひとつひとつの貨物は港湾荷役のプロが
貨物室にしっかりと固定していくんです。

でも想定外の外的要因を防ぎきれない!ので頑丈な輸出梱包が貨物を保護するという目的で発展をとげたのです。

在来船人気の衰退

いまではコンテナ船での輸送が主流になっているので
以前より安全に輸送することが可能となり比例して輸出梱包も簡素化に拍車がかかりました。
廃業に追い込まれた梱包業者さんや居場所を失った港湾荷役のプロ達も少なからず・・・

マッシュルームヘアで一世を風靡した英国の音楽グループ・ザ・ビートルズの影響で短髪アイビーカット(短髪)主流だったのが若者たちは長髪化しため軒並み床屋さんは廃業においこまれたのとちょっと似てます。??

(ただし、まだマッシュルームカットは根強い人気がありますねぇ。。。)

アッツ、すいません、話をもどしますね。つい好きなジャンルには熱が入って・・

現代海上輸送の主流はコンテナ船

現代海上輸送の主流はコンテナ船すなわちコンテナという大きさにある意味制限がある容器に入れて
船に搭載する方法になっています。

しかしながら追加料金を支払えば臨機応変な対応を船会社は荷主皆様に提供してくれます。
通常流通している海上コンテナに入らない言い換えるとコンテナより大きな貨物は

  • 天井のないコンテナ(オープントップ)
  • 床だけのコンテナ(フラットラック)に搭載することができます。

本来貨物の高さがコンテナ内に収まれば、船会社としてはコンテナを積み重ねることができますし横幅がはみでなければ横や前後に他のコンテナを置くことができますよね。積み木のように・・。積み木ができなくなる空間のことを ”ボイド” と呼んだりします。

下の図のように船会社としては

本来搭載できるコンテナを搭載できなることになるのでその ”ボイド” 分の運賃をある程度保障してください

ということになります。
void3

その ”ボイド”設定料金は船会社によって異なりますし航海ルート(仕向地)によっても異なり一定の法定料金といった取り決めはないのが現状です。(決して安くないんですよ。)

輸出用の機械・設備や輸出する可能性のある貨物などは設計の段階でコンテナ内の許容寸法を把握し念頭におくことが
”ボイド”料金を発生させない道につながることがあります。

ご相談は何なりとワートレへ

back-to-pagetop