貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?

by admin

『容積重量』って聞いた事ありますか?

何故か『容積』と『重量』と言う違う単位がごっちゃになった不思議な単位です。

物流ではこの『容積重量』と言うのが実際の『実重量』 よりも重要視される場合があるのです・・・。

fig3-46
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License by newhousedesign



人間が利用するのと同じで、貨物を輸送するにもトラック、鉄道、船、飛行機など、様々な乗り物(輸送機関)があります。

当たり前ですが、これら全てには積み込める重量や容積 に制限があります。

では実際にはどんな制限があるのでしょうか?
例えば、こんな条件のトラックに貨物を積む場合を例に考えてみましょう。

トラックの荷台は、(縦)1m x (横)1m x (高さ)1m の箱を最大100個のせられる広さがある。
ただし、トラックが運べる貨物の重さは合計1,000kg(1トン)まで。



  • 積み込める重量への制限
  • 箱1つあたり20kgだった場合、最大100個積むとすると、20kg x 100 =2,000kg(2トン)。
    これを全部積もうとすると、トラックの重量に対する運送能力を1,000kgも超えてしまいます。
    だから結局この場合は、20kg x 50 =1,000kg(1トン) しか積むことができません。

    この場合、まだスペースは余っていますが、小さくても重い貨物を荷台いっぱいに積もうとすると重量オーバーになってしまいます。

    この様な小さい割りに重い貨物は『重量(目方)勝ち』と言われます。


  • 積み込める容積への制限
  • 箱1つあたり1kgだった場合、最大100個積むとすると、1kg x 100 = 100kg(0.1トン)。
    トラックの能力を考えると、たったの1/10 しか積んでいないですよね。

    ただし、これが軽いけれども大きな貨物であれば、トラックの荷台の広さを考えると100個以上の貨物を積むことが出来ません。

    この様に軽い割りに大きな貨物は『容積勝ち』と言われます。



    もし様々な貨物があるにも関わらず、輸送を実重量(実際の重さ)だけで規定してしまうと、この様に色々な壁に突き当たってしまいます。

    だから実際の重量以外に、この『容積重量』と言う制限も設ける必要があるのです!

    国際貿易における輸送運賃は、Tariff Rate(タリフレート)と呼ばれている表定運賃があります。
    船の輸送の場合には、海運同盟(Shipping Conference)により定められており、航空貨物の場合には、国際航空運送協会(IATA)によって決められています。

    このTariff Rate(タリフレート)は『重量』で設定されています。
    だから、軽くて大きな貨物の容積を重量に換算しなければ、フェアじゃなくなってしまう訳です。

    この重量を容積に換算したフェアな基準が『容積重量』なのです。

    輸送運賃は、実重量(実際の重量)/Actual Weight(アクチュアルウェイト)と容積重量/Volume Weight(ボリュームウェイト)を比較して、どちらか大きい方が最終的な重量と見做され、私達は料金を請求されるのです

    この請求されるベースの重量は『Chageable Weight(チャージャブルウェイト)』と呼ばれています。

    国際貿易で使用する輸送手段は船舶と航空の二種類がメインですが、実はそれぞれで容積重量の換算の仕方は異なるのです。

  • 船舶輸送ならば 縦(m) x 横(m) x 高さ(m) を 実重量/トン と比較
  • 航空輸送ならば 縦(cm)x 横(cm) x 高さ(cm) ÷ 5000(または6000) を 実重量/kgと比較

  • これらによりChargeable Weight が確定されます。

    (補足として、航空運送の計算式ですが、この5000という数字は2002年8月にIATAによって定められたのですが、現状では6000を使っている事が多いです。詳しくはまたの機会にでもお話することにしますね。)

    ここでワンアポイントアドバイス!

    各面の一番長く測れる部位間がその面での長さとして採用されるので、無駄な出っ張りが出ていると思いもかけぬ長さとして測量されてしまう事があります。

    なるべくコンパクトで最適な梱包をしなければ、無駄な費用が出てしまうと言う事に注意してください。

    これが出来るのが梱包のプロの業な訳です。


    ワートレでは、貿易実務に関する情報をわかりやすくお伝えしていきます。
    今後もご期待ください。

    キーワード: , ,

サイト内検索

サービスバナー

  • 貿易業務代行サービス
  • 商品調達サービス
  • モノ創りサービス
  • ロジスティクス・サービス

ブログ記事のINDEX

新着のブログ記事

ブログ記事の人気ベスト5

  1. FOBとは?
  2. 貿易物流のコスト計算は重量だけじゃない、容積重量って知ってますか?
  3. EXW(Ex-Works) とは?
  4. レベニュートン (Revenue Ton)とは?
  5. 簡単に輸出入が出来るクーリエ(Courier)って何だ?

注目キーワード

RSS購読

ワートレ!な情報を購読してみませんか?
RSS購読希望の方はコチラのアイコンをクリック!

rssImage

メールマガジン購読

Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
こちらのフォームからお申込みください。

FeedBurner経由での配信となります

関連サイト

  • 株式会社フクミホームページ
  • レーザーポインター専門店 LASERS
  • Eメールで最新情報をチェックしたい方は、
    こちらのフォームからお申込みください。

back-to-pagetop